社会人になると、冠婚葬祭のつきあいが一気に増えます。

葬儀に必要な費用と選び方
葬儀に必要な費用と選び方

社会人としてしっておくべき葬儀のマナー

社会人になると、冠婚葬祭のつきあいが一気に増えます。会社の同僚や先輩の親族の葬儀に出席する機会が増えるからです。葬儀のような場合に、社会人としての常識が問われます。服装は、前日のお通夜の時は地味な格好であればいいですが、葬儀の時は無地の白のワイシャツに、黒のスーツに、黒のネクタイ、黒の靴下を着用することになります。

葬儀は基本的に親戚関係で準備をしますが、葬儀においては弔問客への対応などに手が取られます。そこで、会社の側から申し出て、受付を担当することもあります。その場合、喪章をつけて受付を手伝いをすることになります。葬儀に参列するときは、香典を持参することになります。香典は、スーツのポケットや鞄に入れるのではなく、きちんと袱紗に包んで持参しなければなりません。結婚式の場合と違って、香典に新札を使うのはタブーですので、新札しかない場合は、自分で折り目を付けることになります。また、行事が重なった場合は、葬儀の方を優先すべきです。慶事は後からでもお祝いできますが、葬儀はそれができないからです。また、仏式の葬儀の場合は数珠を手にかけて合掌や焼香をするので、準備しておいた方がいいです。葬儀はけっこうありますが、その都度マナーがどうだったか忘れがちですので、きちんと覚えておく必要があります。

Copyright (C)2017葬儀に必要な費用と選び方.All rights reserved.